「自分と他人」どちらに憧れる?

今週のお題「憧れの人」

 

どうもナナホシです。

 

昔から憧れの人はいません。

 

好きな人や信頼している人はいますが、基本的に自分以外の人を信用することはできない性格です。

 

信用ある意味、憧れ

 

だと解釈すればそういう人はいないですね、人を信用できないなんて自分でも寂しい人間なのかなとかたまには思いますけどね

でも、そんな想いの中で小さい時から育ってきたので精神力と独立心は強いです。

 

他人に憧れはないですが、その代わりに自分に期待をかけるというのでバランスが取れてると思います。

 

憧れの存在がいればいい見本になるので羨ましいですけど、自分を成長させてくれるものを自分で探すのも楽しいですよ。

 

憧れの存在に対抗するなら、自分で覚悟して決断する挑戦と地獄です(笑)

 

辛いことは面白い。

 

自分で決めたことを努力するのは記憶に強く残ります、そして自分で深く考えてとった行動はどんな結果であっても後悔はしないものです、私は生活も性格も不安定な人間ですがそんな日々の連続でした。

 

遠回りな人生かもしれませんが、私はまだまだ未熟者なので不満や欲もかなりありますが、そんなこともひっくるめて楽しいと思える人になりたいですね^_^

 

憧れの存在がいようがいまいが人生ってくだらなくて最低で同時に楽しすぎて最高だと思います。

 

こんな極端で人を信用できない私ですが、周りには人が寄って来るので世の中って不思議なものです。

 

お疲れ様でしたm(_ _)m