お金の使い方で10年先を考える

前回の記事でも触れていますが、お金の使い方について私なりの考えと解説を踏まえて書いていきたいと思います

お金の使い方は『浪費』『消費』『投資』の三択しかない

大まかにお金の使い方を分けるとこの三つになります、どんなお金の使い方をして今の生活が成り立っているのか、今後の目標があるならどんなお金の使い方をすればいいのか、自分に合う使い方を考えてみましょう。

お金の使い方『浪費』について
まず浪費とは悪く言ってしまえば無駄金のことです、『浪費家』や『浪費癖』と言うようにあまりいいイメージではないお金の使い方ですね。例えばコンビニに入って目的の物とは別に余計な物を買ってしまうなどは典型的な浪費になります

私が思う浪費の中には思いもよらない浪費も含まれます。例えばいろんなお店からの営業販売物のことです

『こちらの商品と同時購入されるとお安くなりますし、効果も倍増です』

実際に販売員さんが言っている通りの結果であるとしても、目的以外の購入費は浪費に当たると私は思います
自分に何が必要であるのかしっかりと考えて購入することが大事ですね。

お金の使い方『消費』について
消費とは生活において必要不可欠なお金のことです、生活費ですね。
  • 食費
  • 家賃
  • 光熱費
  • 各種ローン
  • 各種保険料
  • 携帯料金
大まかに言うとこんな感じでしょうか、各種ローンについては身の丈に合わない高級な物のローンではない限りは消費にして良いと思いますが、よく考えた時に自分の欲や見栄のために身の丈に合わないローンを組んでいる場合は浪費に当たると思いますので、消費と浪費の境界線は自分自身か自分をよく知っている人の話をよく聞いて考えることが大事ですね

お金の使い方『投資』について
普段の生活においてもっとも難しいお金の使い方だと思います、しかし10年先を考えるお金の使い方ではなにより大事なことだと思います。お金があって困ることはありませんからね、私の拙い文章で説明するより読んでためになる記事がありますので、見ておいて損はないと思います

こちらのブロガーさんの考え方もユルくて好きですね、結局は努力の結果だと思いますし現実を受け入れて生活している大人な考え方だとも思います

考え方は人それぞれですがお金があるのとないのとでは、もしトラブルに遭遇した時に選択の幅が違います。トラブルに限らずでも将来自分にとってベストな選択がとれるように現在やこれからのお金の使い方を考えてみてください

そのお金の使い方は
『浪費』?
『消費』?
『投資』?

『備えあれば憂いなし』ですよ。